2009年05月21日

ユ−ザ−車検(継続)とか、”コケ”の見積もりとか・・・

09-05-20-1.jpg09-05-20-2.jpg09-05-20-3.jpg
 さて、二度目の車検を迎えた我が愛車である。
このご時世、12ヶ月点検だけをD・ラ−で済ませ、自分で自動車検査登録事務所へ持ち込む事にした。これで、手数料の \ 22,050 が浮く。
 ネットで、所管の事務所へ予約を(案内には、”必要”とあった)しようと思ったが、日取りを考えてグダグダしている内、あっと言う間に埋まってしまった。散々に引っ張った予定日は有効期間満了の一日前だったので、軽く焦った。で、初めて知ったのだが、継続検査は、全国どこの事務所でも受けられるんだそうな。整備・検査代行をビジネスとし、それを広く世間にアピ−ルしている方達は、それが可能だからなんだね。
 当日。
受付開始を、20分過ぎた頃に到着。建家が幾つかに分かれていて、社団法人やら代書屋やらが混在している。ホント、素人には厳しいのがお役所か。右も左も分からないので、” 受付 ” の文字が見える棟に入った。そうそう、一旦、入ってしまえば、異様に腰が低いのが今のお役所でもある。
 幾つかの書類を書かなければならない。中には、” マ−クシ−ト ” もある。ただ、書類と言っても、社会人で免許の更新の書類が書けた人ならばどうって事はないシロモノで、見本だってある。しいて言えば ” 車体番号 ” と ” 登録番号 ” とが間違えやすいくらいだろう。見本や指示に従い、税金や自賠責保険代、印紙代などを納め、書類一式と共にコ−スイン!
 テストラインの手前で停車させられ、灯火類、車体番号、ハンドル・ロックを含む諸々をチェックされる。ただ・・・何故にか、ナンバ−灯が切れていた・・・。オイ・・・整備直後だろうによ・・・。どこにも疚しい事が無いので、そこ以外は全てOKです。で、そこを直してもう一度来い、そう試験官の人が言ってました。
 怖かったんがブレ−キ、スピ−ドメ−タ−のチェック。後輪は重いせいかあっさりと終わったのであるが前輪は結構、ロ−ラ−の回転にハンドルを右に左にと取られる。同時には無理な様で、前輪だけが乗る位置まで移動し、終了。排ガス、光軸も問題無し!ナンバ−灯だけ、ですよ!
 仕方がないのでD・ラ−へ行き、洗車していたお馴染みさんとダベリ、取って返して再検合格。午前中にあっさりと済ませ、後はアバンチュ−ルを楽しむ予定が、一日仕事になってしまった。でも、週休4日でどうせ暇だし、それでお金が浮くし、面白いから次回も又、やってみようと思うのよ。その、浮いたお金は、” 自分へのプレゼント ”、プライス・レス!
でも、真夏日の炎天下はキツかったっす!
支払額
 12ヶ月点検( オイル、フィルタ−交換、” ZOIL ” を入れる )
 \ 52,730
 検査代( セルフ ) 
 \ 20,100

 ZOILの手応えは、オイル交換も同時実施なので、目を見張る様な変化は感じ取れない。” オイル交換仕立ての、アノ感じ ”、の清々しさに隠れてしまっているのだろう。でも、普段のオイル交換の時に比べ、各部のフリクションは滑らかになった様だ。” ドライル−ブ for ダンパ− ” の時もそうだが、” 動き出し( 回り出し )の刹那 ”、その際のほんの僅かな全ての突っ掛かりが消えかかっている。あ、シフトの確実性は、増した様に思える。
 事は主にエンジン内部の話なので、本領発揮は高回転域だろう。
後日、高速走行してみて判った。” V シリ−ズ ” 特有のあの、100km/h 超からのエンジンのパルス、” ブゥゥ〜ン・・シュコシュコシュコ ” と言う音を伴ったパルス感に、凄味が出たな。少な目に見積もっても、” 今までとは違う ”、こんな感じ。
主観です、ハイ。
 
 見積もりついでに、” コケ ” の見積もりが出た。

・上/下サイレンサ−の ” 交換 ”!
 \ 162,600
・ブレ−キレバ−/マスタ−CYL( レバ−の奥のヤツね )
 ” 交換 ”!
 \ 15,300
・ブレ−キペダル Assy ” 交換 ”!
 \ 27,900
・ミラ−の ” 交換 ”!
 \ 48,500
以上、他の修正部の工賃を含めた総額は・・・
 \ 280,600!!

これは・・・額面通りには言えねぇだろ、ヤツには。
写真、左から順に・・・
サイレンサ−( 上/下 )の傷、ラジエタ−・トリムの傷、ブレ−キペダルの、自前修理後、となって居ります。
 ペダルには、大根をおろした時の様な傷がザックリと付いていた。これを、棒ヤスリの大・中・小 → ペ−パ− → 耐水ペ−パ−のリレ−で修復。判りづらいが、ダ−ビ−カバ−の手前に鎮座しているのがそのレバ−。傷の痕跡は、消しました。これでその分が、OFF !
 そしてついに、マフラ−を替えてみようと思っている!
それは、” V シリ−ズ ” を積極的にチュ−ンするショップを見つけたからである。その見識、姿勢、テクノロジ−、どれを取っても間違いなく、今の日本では一番だからです!
集合管、インナ−サイレンサ−付きで、\ 109,500(工賃込み)
努力はした。これで若い衆も、少しは胸を撫で下ろしてくれるだろう。
posted by coji at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月02日

姪っ子のCDを聴く!+その他

09-05-02.jpg
 勿論、インディ−ズ。でも、思ったよりまともに曲の体を成しているので、ホッと胸をなで下ろす。1枚、500円だしな・・・。

[ ヴェェェ〜〜〜〜ヤァ!]

[ ヴァぁぁぁ〜〜〜オぉ!]

なんて、叫んでいるだけなら、どォしようかと思ったよ。

” お前、吐きたいんか? ”

訊きたくなるからな。

 ついこの間まで ” JK ” だった姪はしかし、県下有数の進学校へ進学したのだった。私なんかは言わずもがなだが、母親である妹だってそのワン・ランク下なのだから、こりゃ快挙だと一族にも力が入ったのは致し方ない。私は、キャリア官僚への道を勧め、今の日本ではそれが如何に安泰な道なのかを、訥々と説いたもんだ。昔話、だけどね。
 卒業まで半年を残した頃、実家での夕食時、妹が部屋でモゾモゾやっている姪を促した。

妹:『 ホラ、伯父ちゃんにも見せるんだろ?』
C:『 へ? ナニを?』

目が、” 3倍 ” ほど大きくなった否、そう見えるメイクの姪が出て来たのであった。髪の毛、茶色いし。

C:『 お、おまっ・・・』Σ(゜◇゜;)!
妹:『 実はさアニキ、こいつ歌やるんだってよ』ヾ(*´・ω・`*)ノ
C:『・・・そ、そんな趣向があったのかい?』Σ(゜◇゜;)!

解説によると、以前よりその希望はあったのだとか。しかも、今は東京まで、ヴォ−カルのレッスンに通っていると言う。私も、動揺したんだろう。餃子に、ソ−スをかけてしまったのだから。

C:『 べ・・勉強は、いいのかよオイ・・・』(=ω= ;)
妹:『 もうね、コレでいいんだって 』(*´・ω・)ノ~~

 尤も、官僚の話ついでに、'70/'80のCDを山ほど買って与え、如何に ” イ−グルス ” が凄いバンドなのかも語った記憶もあるので、私のも共犯の様なものだ。一族、だしな。
 友達とまず、バンドを結成し、足りないパ−トを募集で募ったんだそうだ。普段の生活振りからは想像も付かない積極性を発揮する姪を見るにつけ、[ ああ、ホンキではあるんだね ]、とは思っていた。以来、姪もその話しをしなかったし、私も無理に聞き出そうとはしなかった。練習だ、ライブだ、との会話は聞こえるが・・・

C:『 そっか、気を付けてな 』

こんな程度で済ませていたのであった。
 それが、先日の父親の件で病室に詰めている時、日がな一日、今やすっかり ” ロッカ− ” 佇まいの奴と色々話した。それでも、歌は聴いた事が無かった。

妹:『 結構ね、ちゃんとやってんのよ。” ファンらしき ”
   子もいるし 』
C:『 へぇぇぇ・・・』

 ” uneXpec+8 ”(アンエクスペック)
これが、姪のバンド。数字は発音しないそうです。私は最初・・・

C:『 ” ウネ・ペケ・ペック・たす ハチ ”?』

皆、ウドンを吹き出した。

C:『 よ、読めねぇし・・・この時代、人に優しいバンド名に
   しろよ、お前 』

 未だ修行の身なので、全てが荒削りだが、その内容は ” ロック ” している。主張は、伝わってくるのだ。曲自体の出来など、アレンジ次第でどうにでもなる。でも、その本筋に主張が無く共感出来なければ、煮ても焼いても食えないシロモノになってしまう。そう言う意味では、私は合格点を与えようと思うのだ。学生時代にはひとつも与えた事が無いのでまぁ、良しとしよう。
 CDをクルマのHD取り込んでル−プで聴いているが、中々にスピ−ド感があって宜しい。最高速が、” 2割り増し ” になる。CDに入っている2曲の内、ひとつがここ↓で視聴出来る。

http://images.google.co.jp/imgres?imgurl=http://c2.ac-images.myspacecdn.com/images02/40/m_7ac784946af4417c8b533bacef6f428d.jpg&imgrefurl=http://www.myspace.com/unepec8&usg=__CTxSwgLc9M64qQ1DITWwdGccBVs=&h=114&w=170&sz=4&hl=ja&start=7&tbnid=E-UKz4B9xJRcwM:&tbnh=66&tbnw=99&prev=/images%3Fq%3Dune%25C3%2597pec%252B8%26gbv%3D2%26hl%3Dja%26sa%3DG

250円分、ゴ−ルデン・ウィ−ク中、感謝のおもてなし!

 ちょっと前、” GT-R ニュルを 7 分 29 秒 ” は、凄ぇ!、と書いたが、GM シヴォレ−・コ−ベット ZR1 がそれを 3 秒短縮し、7 分 26 秒を叩きだしたのだと言う。情報を信じる限り GT-R 同様、ほぼストックのままだとか。

http://wiredvision.jp/news/200807/2008071421.html

尋常ではない。市販車の走りじゃあないよ、コレは。まぁ、某かのギミックは備えているとは言え、バリバリの電子制御の固まりである GT-R に比べ、コ−ベットは一応の ” FR ” だよね?
これは、立派である。やりゃあ出来るじゃん、GM !
頑張って復活して欲しいもんである。応援するよ。
 今現在、” 市販車 ” でのタイトルホルダ−は、” ラディカル SR8 ” だ。これは、” 公道を走れるレ−シングカ− ” の成り立ちでエンジンは、KAWASAKI の ZZR、SUZUKI の GSX-R をチュ−ンした物を積んでいる。ただ、'05 年の記録時のこれは363 PS で、エンジンその他の詳細を私は知らない。でも一応、カテゴリ−は ” 市販車 ” なのである。で、全てがアナログ、っつうのが凄ぇな・・・。
 これの車載は、見ていて怖い。F1 の、モナコでの車載も怖いが、私はそれ以上の恐怖を感じた。スピ−ドの醍醐味は私も好きだし、たまに魅了されたりもするが、これは端から限界を超えている。こんなん、ゲ−ムでだって無理、です。もしも隣に乗っていたなら、泣きながら許しを請うている事だろう。

http://www.youtube.com/watch?v=iwtyZosuPNE&feature=PlayList&p=F927979A2C56289B&playnext=1&playnext_from=PL&index=22

早回しではないよ!

http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000018055.html?pg=1

 市販バ−ジョンの 1,000 万ちょっとで買えるこれに、腕に覚えのある者が乗れば、公道で敵う奴は居ないだろう。いや、サ−キットでもそうだ。フォ−ミュラでもキツイと思う。それ程に軽いボディ、モ−タ−サイクルのエンジンのパフォ−マンスは驚異的なのである。間違っても、彼等に勝負を挑んだりしてはいけないのだ!

 ” 初ゴケ ”
これの見積もりが出た。工賃込みの合計が、” \ 280,000 ”!
極力、交換ではなく ” 修繕 ” を依頼して、コレである。知らない人が見たら、[ え? どこがコケたのよ?]、と言う様な ” 擦過傷 ” が殆どであるが、一部に樹脂部品の補修があるので、” 工賃 ” の観点から見れば致し方ないのである。
 ” 乗ってもイイぞ! ” 、と言った手前、これをそのまま当事者に渡す訳にもいくまい。” 現存復帰 ” には拘っていないので、アフタ−パ−ツなどに代えるつもりだ。純正と同等か、それ以下の価格の部品は沢山ある。サイレンサ−など、上・下を純正に戻せば、工賃込みで 約 \180,000 である。ワンオフで、サイレンサ−で db を合わせ、パワ−アップまでしてくれるショップを見つけた。しかも、工賃込みの価格は 10万チョイで可能とか。それに、” 集合管 ” なんです!! 車検には通らなくなり、今までの矜持に反するが、背に腹は代えられぬ。
 そんなこんなを、検討中。期せずして、こんなご時世にして ” カスタム ” する事になってしまったが、これもまぁ運命なんだろう。詳細は近日。乞うご期待!
posted by coji at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記