2009年08月27日

三人の魔女/etc

09-08-27.jpg09-08-27-1.jpg09-08-27-2.jpg

 我が家は住宅街の角地でしかも、地形が綺麗な四角形を描いてはいない。野球の ” ホ−ムベ−ス ” があるでしょ? あれを少し、拉げた様な格好をしている。故に、坪数が同じ他と比べ、地代が数百万ほど安かった。当時、私以前に何人もの勇者が購入を試みるも、間取りの難しさにメゲて挫折した、と聞いていた。設計士は何枚もの間取りを描いたが、どれも顧客の満足を得られずそして、同時にビビった。なので工務店の書庫には、数多の屍達が眠っている、と。天の邪鬼なので、そう聞くと俄然、闘志を掻き立てられた私であった。
 仕事柄、その中から幾つかのサンプルを貰い、自らアウトラインを研究してみた。尺度は、20 分の 1 である。プラス思考になり、片側の歪な部分は ” 駐車スペ−スの端っこ ” と割り切って考えると、四角形が確保出来、そこから夢が広がる事が分かった。勿論、業種が違うので詳しい間取りはプロにお任せだが、結果、もう反対側に、” その ” スペ−スが確保出来るかどうかは見当が付く。” その ” とはズバリ、” ビルトイン・ガレ−ジ!” なのであった。そしてその費用は、他より安い地代で賄えたのであった! なので、今は幸せです。4 年半経った今でも、愛機は新車の輝きを保っているのです。これは、前置き( 長ぇよ!)
 故に我が家の前は、色々な物や人が通る。ある時、数人の年輩女性の声が、何処からか聞こえて来た。それだけならさして気にも留めないのだが、余りにも緩やかで田園風景を想起させるそのト−ンに私は、ガサついた心が癒されたのである。
 角地であるが故、その声はアチコチに反響し、From と to が分からない。が暫くして、” 右 ” から来て ” 左 ” へ向かう事だけは分かった。ただでさえ身長の低いその年代のご婦人方の姿は、道路からそれなりに高い窓枠で遮られ見えない。立ち上がって覗くのもナンなので、私はその衝動をグッと堪えていたのであった。
 ある日、ついに辛抱が切れた私は、レ−スのカ−テン越しに覗き見したのである。そこには、野良着に麦わら帽子の背格好が似ている三人のバアちゃんが、常人の 3 分の 1 くらいのペ−スで歩っているのが見えた。口々に、孫がどうだ畑がどうだ、と話している。で、それに対するそれぞれのリアクションが、微妙にズレているのが何とも可笑しい。私は思わず、吹き出してしまった。勿論、それと悟られない様、片手で口を塞ぎ、もう片方で股間を抓り耐えたのであるが。
 その気にならなければ、姿は見えぬ。しかし、その存在を感じるだけでホンワカ気分にさせてくれる彼女達は、” 魔女 ” ではないかと私は思った。イメ−ジだけで確固たる根拠なんて無いが、そんなモンだろ世の中なんて。と同時に私は、義理事が一段落し、旧友との山登り復活に闘志を燃やす実家の母親を想った。優にその年齢に達している母であるが、” 枯れる ” と言う事を知らない。それが、せめてもの救いなのだ。

 クルマの 12ヶ月点検にはまだ間があったが、ある催しを目当てにスバルのディ−ラ−へ行った。夏休み企画の ” らくらくエンジン教室 ”、とかナントカがそれである。
 本当の目当てはその参加記念品で、プロジェクタ−付きのデジタル時計が貰えるのである。単三電池 3 個で動くと言う、大層な喰いっぷりであるが、時刻を天井に照射してくれるのである。TV を観る時には殆ど電気を消す、と言う不健康な私はよく ” 今、何時だっけ?”、に困るのであるよ。これは、他の子供を押し退けてでも、ゲットする必要があったのだ。
( ` _ ´ ) ゞラジャ!
 しかし、それが開催されるのはサ−ビス工場の真っ只中。久し振りに復活した、しかも台風並みの低気圧のせいで、中は蒸し風呂状態である。そんな中、律儀で生真面目なスバルのサ−ビスマン達は、瀧の様な汗を流しながら、エンジンの基本構造や消耗品の点検要領などを、子供にも理解し易く説明していた。なんか、これもホンワカするんだよなぁ。
 一通りの説明が終わり、Q & A の時間が来た。

サ:『 今までの説明で・・・ナニか質問はあるかなぁぁ?
   ご説明した以外でも、何でも結構ですよ 』
C:[ ハイッ!]
サ:『 あっ・・・ど、どうぞ・・・』
C:『 WRC のワ−クス活動への復帰ですが、経済市況その他、
   色々な問題はあると思いますが、それらが改善した
   場合、叶いますかっ!? ど〜なんですか、えぇぇ?』
サ:『 えぇっとですね・・・ジュニア WRC には供給を続けて
   いまして、そこでの活躍にご期待下さい。
   でも、仰る様に、働いている私共も、それを強烈に
   望んで居ります! 頑張ります!! そうありたいです!!』

汗だくになりながら、ふいを衝いた私の邪悪な質問に答えたサ−ビスマンの真っ直ぐな目が、印象に残った講習であった。スバルの魅力って、こう言うとこなんだろうな。ホンダもそうだが、そこで働いている人達は皆、自分ん家が好きなのである。製造業は、そうでなきゃイカン。
 その後、営業マンと話した時・・・

営:『 アレ・・coji さん、ヤツれました?』
C:『 いや、だからホラ・・・鍛えて締まったんですよ(笑) 』
営:『 あ、あぁナルホド。続けてらっしゃるんですね?』
C:『 オフっクォォ〜ス!』
営:『 いやぁ、大したモンだ・・・ホント 』

これはもう、ホンモノだろう。錯覚ではない!

 思い立って、今一番、気になっているバイクを見に行った。
Bimota の、” DB7 ” である。
http://www.bimota.jp/28_db7/
いや、買うだ買わないだは別にしてね、凄ぇなぁって思ってな。
 大層な金額だけど、自車の車両代と今まで注ぎ込んだ額を考えると、既にそれを超えつつある。それに、作りの良さの割に、CVOなんかと比べたら ” お買い得なんじゃん?”、なんて考える自分が怖い。
 で、実車を見た。どんなバイクでも、そのアピ−ルポイント以外は、工業製品として妥協している部分はある。ハ−レ−なんか、良い例だ。だがそれを良しとせず、殆ど全てに貫き通しているのはこれと、MV AGUSTA くらいかなぁ。” 走る宝石 ”ってのは些かセンチメンタルに過ぎると思うけど、工芸品の域ですよこれは。
 で、ショップのスタッフが、エンジンを掛けてくれると言う。遠慮したのだが、どうしてもと押しきられた。

  [ キュルキュル・・シュボッ! ボッ! ボッ! ボッ!・・]
C:『 結構な音がしますねぇ。これ、94db なんですか?』
ス:『 これ、私どもでも何台か販売してますが、公道を走って
   いるお客様のクルマは、車検が通らないんです 』
C:『 は? 』
ス:『 ハイ。登録の時はここ・・・ここに小っちゃな
   サイレンサ−を入れるんですがそうすると、60km/h
   くらいしか出ないんです 』
C:『 でしょうなぁ 』
ス:『 で、お渡しする時はそれを抜く、と 』
C:『 え? えぇ!・・・それマジなんですか?』
   ( ゜ ◇ ゜ ; ) !
ス:[ ハ・イ・・・]
   (  ̄ ∀  ̄ * )

このご時世、俄には信じられない話を聞いた。なんて素晴らしいんだ Bimota。惚れた・・・。
 跨ってみたが、ベ−スとなった ” 1098 ” よりもポジションは楽。シ−トの座面も、1098 に比べ前傾が緩い。167 cm の私でも、普通の靴で両の土踏まずまで着く。これでブ−ツを履いていたら、楽勝だろう。
 それを確信させたのが、その車体の軽さである。起こす時、いつもの調子で ” エイヤっ!” っとやったら、軽過ぎて勢いが余り、反対側へ傾いた。
 あのスタイルであの軽さで、妥協の無い細部の作り。マフラ−に対する融通性と言い、ハ−レ−に無いものが全てある。フレ−ムのパイプ断面なんて、綺麗な楕円を描いて、Ducati よりもストリ−ト・ユ−スを優先して居り、より撓って安定させているのだとか。キケンだなぁ・・・いや、或る意味、実に危険な気持ちにさせるバイクなのである。
posted by coji at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31650931
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック