2009年09月14日

ガキに威勢をくれる!

09-09-14.jpg
 我が家周辺は、田舎故に閑静なところである。
特に夜間は、狸が走り回り、遠くを通る電車の音が風に乗って聞こえてくる。そこを歩くのは、最近、俄に増えた、空き巣の見回りか?、とも疑いたくなる様な、犬の散歩をする連中くらいなものだ。何とか、糞の始末をせずに逃げ帰ろうとコソコソするくせに、道すがらアチコチの番犬を騒がせるもんだから、喧しい事この上ない。” 静寂さ ”、に水を差す。
 そんな周辺地域にも、一昨年ほど前から異変が起き出した。夏の季節、宵の口から夜半に掛けて、2 ブロックほど離れた方角より、パンパンと耳障りで喧しい花火の音がし出したのだ。DQN が湧き出したらしい。まぁ、すぐに出て行きたくなる様な距離ではなく、地域でみたらここは新興の一角なので、面倒なので私も黙んりを決め込んでいた。
 で、今年。秋の訪れと共に治まって来たとは言え、花火は一層、ハメを外し出した。でもまぁ、いいか。もうすぐ秋本番だし。ところが今度は、バイクですよ。改造マフラ−でビァ−ビァ−と喧しい、原チャリと思しき奴ら。そこへ、旧車会みたいなのも混じっているらしい。エンジンの始動から後の空吹かし、その音の大きさと方角から恐らく、発生源は花火と同じだろうと思った。それが、遠くの道を行ったり来たりしていた。夜半まで続く。
 でも・・・我慢していたよ。こっちに近づいて来る訳ではないしここは、故郷とは違うのだ。それに、私も社会人の端くれだからな。にしても、よぅ黙っていられるな、近場の家は。まぁ、対処するならその人達だ、と思っていた。それを差し置いて私が出て行くのは仁義に反する、とそう思っていたんだよ。よくよく堪忍袋の緒が切れたら、直ぐに判明するであろう発生源を突き止めて、警察に通報してやろう、くらいに留めていた。そう言うのは、一家まとめてそこに住み辛くなる様に追い込んで行かなけりゃイカン。昔の様に、義理を重んじて近所をフォロ−して回る親なんか、今は極めて稀だ。地域で育てる? 害虫は、駆除するだけさ。花火と言いこれと言いまず、親に真剣さが足りないのだ。
 ところが一昨日の夜、そいつ等が我が家周辺の路地を徘徊し出した。9 時を回っている。爆音が家々に反響し、静寂を突叩き破った。向かいの家では、乳飲み子が泣き出したのが声で分かる。互いの雨戸は閉めているのにそれと分かる、そのくらい静かなんですよ。でオトナな私は、暫く様子を窺っていた。だが、誰もアクションを起こす様子が無い。いかにも飛び出して行きそうな、キンキラなアクセを身につけ、真夏には上半身裸で路上でゴルフクラブを振っている近所のバカも、気配無しだ。
 暫くすると音が止んでしまったので、身支度してタイミングを見計らって居た私は、拍子抜けしてしまった。色々と有意義な計画を立てていたのに、ガッカリである。仕方がないので、脇の駐車場にあるクルマまで、オ−ディオのマニュアルを取りに出て行く事にした。いや、ナビの HDD に音楽を取り込もうと思ってね。マニュアルを取り、折角なのでドアを開けて車内灯を点けたまま、一服して見る事にして待った。
 灰が落ち切り諦め掛けた時、遠くから排気音が近づいて来る。
きた・・来た・・・キタぁ―(゜∇゜)→!!!
私は、下はジャ−ジに上は、フィットネス用に買った黒いランニングシャツで、駐車場のフェンス脇に立った。近づいて来る単車のライト越しに見るそれは・・・2 ケツ・・・いや、” 3 ケツ ” だっ! しかも後ろは、女子であった!! 理想的な背景なのでした!!!
 キャ−キャ−とはしゃいで居た奴らは、ライト越しに鬼気迫る私・・・異常なオヤジを発見し、まるでゾンビにでも出くわしたかの様に身構えた。

C:『 ウルあァァァァァっ! くそガキ!! 喧しいんじゃ
   ボケっ!!! 沈めるぞゴルァァ!!! 』

と、斯様に ” 注意 ” したのである。

バ:『 うわァっ・・なに? ナニ? ギャアぁぁ〜〜〜〜〜っ!』
  『 え?・・どしたっ?!』
  『 ヒイェェェェ〜〜〜!』

私は一歩、踏み出す素振りを見せた。

バ:『 ギャアぁぁぁ〜〜っ! 来る・・来るっ・・・
   逃げてェェ〜〜〜〜っ!!』
C:『 ギュルギュル、ウキャアぁぁぁぁっ!』ヘ ( ゜ ∀ ゜ ) ノ

しかし、肝心のタイミングでフェンスに蹴っ躓いてしまい、たたらを踏む。追跡はままならなかった。何とも、ドジな話である。
 その後、幾ら待っても奴らは現れなかった。過去の自らの経験から言っても、一部の勇者は繰り返し挑発に訪れるはずだ。がしかし、辺りには静寂が戻り一人、私だけが路上で変態の体を成したまま取り残されたのであった。その晩、界隈から喧噪は消えたのである。てか、それ以降、無い。しまった・・・効き過ぎたのだろうか・・・。
そんな喜びを忘れ私は、計画が頓挫した敗北感に叩きのめされたのである。
 私の計画とは、こうだ。先日の例で言えば・・・

ガキだけを捕まえ、女子は帰す ( そんな気合いは無いと思うが、ナイフやスパナ等の凶器には注意する )。
 ↓
その場から親を呼ばせ、身分を名乗らせる
( それがもし盗難車だったら、幸せ )。
 ↓
C:『 まずいんじゃないの? え? 親御さんコレ。
   道交法違反だけならまだしも、窃盗ですよコレ。
   高校生だったら、良くて停学。普通は、退学ですわなぁ。
   中学だったら、近隣の学校へなんか進学出来ませんよ。
   心配だなぁボクぁ・・・』

相手が普通の親だったら・・・

C:『 まね、” 誠意 ”を見せてくれたらこれ以上、
   騒ぎ立てる気も無いんですよコッチも。坊やの将来も
   ある事だしねェ。え? どうするかって? ま、聴きなさい。
   そのバイク、ここに立て掛けて、坊や連れてアンタ、
   帰りなさい。え? いや、放置された名義不詳の車両。
   良くある事、粗大ゴミですよ、放置されたね?
   ま、幸いにも週末です。明日には、窃盗団の下見である、
   ” 廃品回収 ” と称する輩が来るでしょう。
   言ってますよね、喧しく。” 要らなくなった自転車・
   オ−トバイ ”って。タダなんだから、市民の義務として
   持って行って貰いますよ、私ぁ。それで、終い。
   で、だ。手間は掛かってるんですよねェ・・・。
   それ以前に、精神的被害を被ってるし。アナタね、一筆
   書いて来なさい。そしたら、” 示談 ” に応じるのは
   吝かじゃあないですよ。” 誠意 ” 次第だがね!』

 ↓
そして、カスタム出来る!
・・・ナンツッテ。なんつって!! ヽ ( ´ ∀ ` ) ノ

 相手の親が、” その筋 ” だったらど〜するか? そうだとしたらそもそも、子供に近所でヤンチャ等させない。彼等が躍起になるのは、” しのぎ ” の懸かった狩り場での話。住処の周辺では、そこいらの DQN より礼儀正しいし、騒ぎを嫌う。話が早いし通じるのでより、” 誠意 ” で片を付けようとするだろう。それが分からぬ、最近多い低層のバカならどうするか。もっと騒いで警察を介入させ一家諸共、一帯から追い出してやる。そのくらいのトレ−ニングは積んでいる。
 何れにしても、折角のチャンスを、私は逸した訳である。
聴け、ガキ共。ヤンチャするのもいいが、それにはリスクが着いて回るんだよ。それは、親が堅気であろうが無かろうが、関係無い。地域住民っつったって、羊の様に大人しい連中ばかりじゃ無ぇんだ。中年を・・・しかも不良のオヤジを、ナメてんじゃねぇよっ!
posted by coji at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初コメです。今晩わ!
ガキ共の追っ払い方をメモさせていただきました。
我が家の前の公園でもドンパチやってるので、今度挑戦してみます!
それにしても、妄想もかなり・・・。
あ、失礼しました!
また遊びに来ます!
Posted by お竜 at 2009年09月15日 20:17
お竜さん、初めまして!

いや・・古くからのお友達以外、新規様より初めて頂くコメなので、非常ぉぉ〜に感激しています。
あ・・アハハハ・・・・
妄想部分はともかく、親は呼ぼうと思ってました。行ったり来たり、徘徊して戻って来る場所が、音の感じからいつも同じなので、直ぐに絞れると考えました。

えっと、お名前からお察しするところ、ご婦人でらっしゃいますか? だとすると、物騒でナニがあるか分かりませんので、私の様な手法はなさらない方が賢明です。まずは、惚けて110番してみて下さい。最近の公園内は、キャッチボ−ルでさえ禁止の所が多いですから、そんな花火も間違いなく、やって良いはずがありません。なので、間違いなくパトカ−が来ます。それを、何度でも繰り返して下さい。少なくともガキは、その公園からは駆逐出来るでしょう。健闘を祈ります。
又、いらして下さい!<(_ _)>
Posted by coji at 2009年09月15日 20:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32118819
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック